Lodon Business School 留学記 2019-21

LBSことLondon Business Schoolに私費留学し、海外就職を目指すの女性によるブログです。同じ様にMBA・海外就職を目指す人の参考となるよう、授業・就職活動・生活環境など幅広い面から自分の経験や思ったことを発信していきたいです。

Lodon Business School 留学記 2019-21 イメージ画像

授業/カリキュラム

Pre-autumnで取った授業では最後の授業レポートです!私がとった授業はイギリス時間の金曜夜から土曜日にかけて週3-4コマあり、それが隔週で3回あるという不規則なスケジュールでした。日本からの時差で受けていたので朝3時から授業ということもありましたが、それでも取って

こちらもOBの超人気授業。1年生でも取れる授業ですが、1年目はBidding Pointが高騰しがちなので個人的には2年目で受けるのがおすすめです。総評人気授業なのが納得で、とても学びが多い授業でした。志望キャリア的に「交渉」という場面をそこまで経験するキャリアではありま

今回は私がOBで初めてとった選択授業、Paths to Powerのレポートです。LBSのOB科目は全体的に人気があるものが多いのですが、その中でもAlumni何人かから「この授業は取ったほうが良い!」と言われた人気授業の一つです。総評個人的な感想としては、「役立ちそうだけど、好き

8月からBlock week等で集中的にとっていた授業(4科目)が全て終わりました~私がPre-autumnに授業を寄せているせいもありますが、とれるElective12科目(私の場合Exchangeに行く予定なので10科目)のうち4科目もう終わったと思うと、2年目もあっという間なんだろうなと実感

先日2年目のBiddingがあり、無事来年取る授業が決まりました。ここでは2年目の概要と、私の2年目の予定を紹介しながら、LBSでの夏休み以外のインターンの機会について説明したいと思います。1年目のカリキュラムや、Biddingシステムに関してはこちらの記事をご覧ください。

Tailored Coreの一つでであり、アントレ(起業)関連の授業の入門科目でもあるDeveloping Entrepreneurial Opportunities(略してDEO)のレポートをしたいと思います。実はこの授業は私が入学前にCampus Visitをした時に参加した授業なので、個人的に学生として参加できたの

当たり前といえば当たり前ですが、MBAに入ればビジネスに必要なスキルは全て身につけられるかと言うとそうではありません。特に近年はTechnology関連などで新しいスキルが求められるようになっているのに対し、学校側がカリキュラムを迅速にアップデートできているかというと

恐らくどの学校のMBAも一緒だと思いますが、LBSでは多くの授業でグループ課題が出され、コア科目の場合は学校側でアサインした7人のStugy Groupで取り組みます。(ちなみにCore科目以外でもグループ課題が出ることがありますが、その際は自分たちで声をかけあってグループを

個別の授業レポートはしないことに決めましたが、OBを勉強することはMBAの目標の一つなので、唯一のOBのコア科目であるScience of People in Organisations(略してSPO)はレポートしたいと思います。授業内容個人レベル→チームレベル→組織レベルとだんだん階層が上がって
『授業レポート:The Science of People in Organisations』の画像

1−2月にかけて、2年目での交換留学先の応募と選考がありました。留学先一覧などは公式ホームページから見られると思いますが、ここでは細かな選考方法やスケジュールなど公式に出てない情報を紹介しつつ、私自身も交換留学に行くことにしたので、その理由などについても書き
『LBSの交換留学制度』の画像


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ