Lodon Business School 留学記 2019-21

LBSことLondon Business Schoolに私費留学し、海外就職を目指すの女性によるブログです。同じ様にMBA・海外就職を目指す人の参考となるよう、授業・就職活動・生活環境など幅広い面から自分の経験や思ったことを発信していきたいです。

Lodon Business School 留学記 2019-21 イメージ画像

授業/カリキュラム

個別の授業レポートはしないことに決めましたが、OBを勉強することはMBAの目標の一つなので、唯一のOBのコア科目であるScience of People in Organisations(略してSPO)はレポートしたいと思います。授業内容個人レベル→チームレベル→組織レベルとだんだん階層が上がって
『授業レポート:The Science of People in Organisations』の画像

1−2月にかけて、2年目での交換留学先の応募と選考がありました。留学先一覧などは公式ホームページから見られると思いますが、ここでは細かな選考方法やスケジュールなど公式に出てない情報を紹介しつつ、私自身も交換留学に行くことにしたので、その理由などについても書き
『LBSの交換留学制度』の画像

無事一学期が終わりました。LBSで唯一勉強が忙しいと言われる一学期ですが、実際どんなもんだったのか、ここでは授業や勉強に関する話題を中心に書きたいと思います。全体的な忙しさについてどこまで真面目に勉強するかによる課題量で言うと、FinanceやAccountingでは毎週ち

この記事ではLBSの語学学習制度について紹介したいと思います。結論から言うと、私は履修したい講座が開講されなかったため少なくとも1年目では語学の履修はしないことになりました。したがって授業の様子などはレポートできませんので、制度の内容だけさらっと説明します。

先日2学期・3学期で受講する科目のBigging(詳細は下記)があり、私は無事に2-3学期のスケジュールが決まりました。1年目の科目内容の全容としては、下記のチャートが分かりやすいと思います。ちなみにTailored Core、Electiveともに日本人の先輩方が授業の感想や課題の重さ
『1年目のカリキュラムーTailored Core、ElectiveとBidding System』の画像

一年目の1学期はPart1とPart2に分かれているという話は別の記事で書きましたが、今週からそのPart2が始まりました。普通は学期の間に1週間以上のお休みがあるのですが、今回だけはPart1が終わってすぐPart2が始まるため、Part1の試験勉強や提出課題と、Part2の事前課題の両方
『Term1 Part2開始』の画像

4
先週でTerm1 Part1が終わったのですが、私のストリームはその締めくくりにGLAM(グラム)という授業が朝から晩まで3日続けて入っていました。GLAMはLeadership Launchというリーダーシップを磨くためにLBSが提供しているプログラムの一環で、Term1 Part1のどこかのタイミング

5
今週でData Analyticsの授業が終わりました。他のTerm 1 Part 1の授業と同様、2週間で5コマ取り終えるという詰め込み型の授業でした。Term1 Part1のなかでは唯一Quantativeな内容、かつ試験がある授業で、再来週にも復習セッション、その週末に試験が予定されています。授業

1学期最初の1週間が終わりました。Orientation weekの高揚感から一転、既に勉強モード満開という感じになっており、先週までガラガラだった学校の勉強スペースは学生たちで溢れかえっていました。Term1 Part1の概要1年目のTerm1はPart1とPart2に分かれており、Part1はOrienta
『Term1 1週目終了&Understanding General Management』の画像

5
今週からいよいよプログラムが始まりました!とにかく色々なイベントがありましたが、Study Groupのメンバーとも仲良くなれたし、Streamでも知り合いが増えて、良いスタートが切れたと思います。ここでは主なイベントと感想を紹介したいと思います。Orientation Day(入学式
『Orientation Weekハイライト』の画像


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ