Lodon Business School 留学記 2019-21

LBSことLondon Business Schoolに私費留学し、海外就職を目指すの女性によるブログです。同じ様にMBA・海外就職を目指す人の参考となるよう、授業・就職活動・生活環境など幅広い面から自分の経験や思ったことを発信していきたいです。

Lodon Business School 留学記 2019-21 イメージ画像

合格後

6月中旬ごろに、LBSアカウントにメールが届き、Pre Online Moduleを受講してくださいという連絡が来た。会計などの科目に事前のOnline Moduleがあることは知っていたが、授業内容以外にも準備することが多くて結構びっくりしている。私は6月末には仕事をやめていたので問題な

授業料や留学先で必要な資金を日本から送金するために、多くのMBA生は海外送金に有利な銀行口座を新たに取得するようです。一般の銀行は海外送金が窓口でないとできなかったり、手数料がとても高かったりと不利なので…日本人チャットで議論した結果、マネーパートナーズで両

先週でずっと勤めていた会社の最終出社を終えました。日本人は社費や、私費でも休職する人が多いのですが、私の会社は長期の休職制度がないのと、会社に戻る気も全くなかったので、退職という形になりました。2月にIESEから合格通知をもらってすぐ上司・人事部に退職の意思を

先日、無事にイギリスのビザが取得できました!取得自体の心配はしてなかったものの、15営業日以内と言われた審査に17日かかり、パスポートがないため行く予定だったシンガポールへの出発を遅らせるという顛末に…ここではそんな私のビザ申請体験を記しておきますが、ビザの

5-6月になると、MBA生を積極採用している企業より、翌夏より海外MBAを取得する学生に向けた壮行会が積極的に開かれます。私は5-6月は日本とシンガポールを行ったり来たりしていたのですが、日本はもちろん、シンガポールでも少しだけですがイベントがあり、結局参加しなかっ

3月にはLBSとIESE両方から合格をもらっていたものの、迷いに迷ってずっと進学先を決められてなかった私。このたびようやくLBSに進学することに心を決めました。一度はIESEに行くつもりで€3,000のデポジットを払ったもののその後辞退するというグタグタ様でしたが、何をそん

複数校合格した、または本命校の結果を待っている間に併願校のデポジット支払い期限が来た、ということはMBAではよくあると思います。私もIESEのデポジット締め切りがLBSの結果発表日の翌日で、1日じゃ決められないよ!という感じでした。日本語で書かれているネット記事がな


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ