先日、無事にイギリスのビザが取得できました!
取得自体の心配はしてなかったものの、15営業日以内と言われた審査に17日かかり、パスポートがないため行く予定だったシンガポールへの出発を遅らせるという顛末に…

ここではそんな私のビザ申請体験を記しておきますが、ビザのルールはコロコロ変わってしまいますので悪しからず。

ビザに関する情報はAdmitsのチャットグループ(全体・日本人双方)で頻繁にやりとりさるので、最新情報はそこから入手するのが一番だと思います。

必要書類

・CAS(学校が出す入学証明書類のようなもの)
単身の場合に唯一必要な提出書類。LBSのポータルサイトから簡単に発行できます。
発行には学部の成績証明書の原本をLBSに送る必要があるので、進学を決めたら真っ先に送付しておくことをお薦めします。

・家族同伴の場合は、戸籍謄本の翻訳など
私は単身のため提出していませんが、翻訳業者を利用する必要があるようです。

・Financial Statementは不要
10年ほど前にイギリスに交換留学に行った際は一定の金額が一定の期間預金されていることを示す通帳の翻訳が必要だったのですが、日本はLow Risk Countryということで現在は必要ないようです。
一応銀行で英文の残高証明書を発行してもらったので提出しておきましたが、本来は必要ないです。

ということで、単身の場合はCASをオンラインで発行したら即申請できます。簡単ですね。



Web申込みとアポイントメント予約

CASが取得できたら、Webから必要事項を入力し、ビザ申請センターへのアポを取ります。

必要事項入力

とにかく、入力項目が多いです…

特に面食らったのは、過去に訪れたことのある国を全て入力させること。
私はシンガポール在住時代に東南アジアの国々に頻繁に旅行・出張に行っていたので、バカ正直に書いたらものすごい量になります…
しかし、実際には私も含め、多くの人は全て入力はしなくてもビザは取得できているようです。
私は、同じ国に対して一番最近行った回だけ登録しておきました。(例:マレーシアに10回行っていたとして、直近の1回のみ登録)

もう一点、このWebシステム、とっっっっても不安定です…
特に書類をアップロードする画面なんて、規定のサイズ以内のファイルをアップロードしているにもかかわらずフリーズしてアップロードできず、仕方なく10分の1以下に圧縮しました。
ログインしようとしたら、システムダウンでできないということもしばしば…
とにかく、何度もイラッとさせられたシステムでした。時間と気持ちに余裕を持って取り組みましょう。

アポイントメント取得

ビザ申請には、各国のビザ申請センターでパスポートの提出や、写真・指紋などの登録が必要なので、必要事項入力後にアポイントメントを取ります。
私は5月前に申請しましたが、予約時はどの時間帯も空きが多かったので、予約に関してはあまり心配しなくてもいいのではと思います。

申請からビザ取得まで

申請センターへ出頭

日本から申請する場合、新橋にあるビザ申請センターに出頭する必要があります。
書類に不備がなければかなりあっさりしていて、書類確認→写真・指紋登録で計20分ほとで終わりました。
私は朝8時に予約しましたが、午前半休を取らなくても朝10時の出社に余裕で間に合って助かりました。

数日後に届く謎のメール

ビザセンターで申請をして数日後に、”Visa Application for the UK”というタイトルのメールが届きます。
要はパスポートがイギリスの申請センターに届いたので、今から審査しますと、言うことなのですが、メールの内容もわかりにくく「何だこれ?何すればいいの?」となってしまう人が多いようです。
要は無視して大丈夫ですので、気にせず次の連絡を待ちましょう。

審査期間

Priority Serviceなどに申し込まない場合、15営業日以内をターゲットとして審査が完了します。
しかし、私のときは17営業日ほどかかりました…他の日本人の方のコメントを見ていても、皆さん同じくらいかかっているようです。
「15日って言っといて実際は10日くらいで終わるでしょ」思っていた私は、上述の通りシンガポールへの渡航を見送るハメに…
海外に行く予定がある人や、申請が渡航直前になってしまう人は、ケチらずに優先サービスを使ったほうが良さそうです。

有料サービス

10年前はそんなことなかったと思うのですが、イギリスのビザ申請はとにかく色々な有料オプションついていました。
私は節約のためオプションなしの道を選びましたが、予算と必要性に応じて申し込むことができます。

Priority Service ¥31,315

文字通り、審査を優先的に行ってくれるサービス。
申し込んだ人はすべからく5日前後でパスポートが返ってきていたようです。

Keep Your Passport Service ¥10,000

私が申し込めばよかったと思っているサービス。
申請時にはパスポートを提出せず、審査が完了してビザが降りることが確定してからパスポートを提出し、ビザを貼り付けてもらうというサービス。

どちらにしろパスポートの提出は必要ですが、貼り付けだけなら5日以内に対応可能とのことなので、Priority Serviceを使わなくてもパスポートが手元に無い期間が5日前後に短縮できる点が魅力。
私のようにすぐ海外に行く予定がある人、出張が多い人などにおすすめ。
その代わり何度もビザセンターに出向く必要が出てしまいますが…


以上。
無事に取得できたのは良かったものの、予想外の日数がかかり、後悔の残ったビザ申請。
これから申請する方は同じ失敗のないよう、時間に余裕を持って申請するか、必要に応じて有料オプションを申し込みましょうね。