個別の授業レポートはしないことに決めましたが、OBを勉強することはMBAの目標の一つなので、唯一のOBのコア科目であるScience of People in Organisations(略してSPO)はレポートしたいと思います。

授業内容

個人レベル→チームレベル→組織レベルとだんだん階層が上がっていくように設計されており、内容的にも心理学的な内容から社会学的な内容にシフトしていきます。
人事に興味がある+学部が社会学専攻だった私にとっては後半の方が断然面白かったです。

Leading team 1&2はリーダーシップというよりチームで議論する際に起こりがちなバイアスに関する内容で、学ぶ意味はあるけれど、2コマも割いてやるなら他の内容をもっと取り上げて欲しいと個人的には思いました。

私の個人的な意見ですが、今後のリーダーの課題はいかに人をEngageしてMotivateするかということだと思っていて、そう考えるとBiasやNetowrkの説明に時間を割くよりも、もっとEngagementやMotivationに時間を割いた方がいいのではと思います。本当に個人的な意見ですが。


FullSizeRender
事前のアンケートや授業中にグループワーク等を通して、授業で説明されている内容を実際自分たちで体験することにより、体験的に学べるように設計されていました。
またリーディングも事後の課題のみで事前に読む課題がない(=読まなくてもなんとかなる)ので、就活とかぶるこの時期に負荷がかかりすぎないように設計されてるように思いました。

逆にいうとその分内容が薄くなりやすいので、この科目だけは(!)ちゃんと勉強しようと思っていた私にとってはちょっと物足りなくもありました。
事前にケースを読ませたりした方が議論の内容は深まると思うし、実験とかやる分各理論はあっさりしか触れないので、もう少し深くやって欲しかったと思うこともしばしばでした。

ただ体験をした方が講義やディスカッションをするだけより圧倒的に記憶に残りやすいので、私の様にこの分野を専門的に学びたいという人以外は、このやり方が丁度いいんだと思います。

ということで私個人としては来年のElectiveに期待です。

Session7: Guest Speaker

10週ある授業のうち、一週だけは普通の授業ではなく、CEO等の経験のある卒業生を招いて講演会が行われます。
今年は学校近くのホテルのボールルームにて、MBA全生徒を集めて行われました。

誰がどんな話をしたのかは言ってはいけないことになっているので言いませんが、個人的にはとても面白かったです。

私たちの教授は授業中に「リーダーシップに関するScienceは存在するし知っていた方がいいけれど、それをどの場面でどう適用すべきかどうかはArtの世界だ。(Artとは芸術ではなく人間のなせる技的な意味)」と何度も言っていました。
この分野に関して色々考えたり本を読んできた身としても、とても共感します。

一授業だけScienceの分野を抜け出して、Artの世界を垣間見られたことはいい気付きになったのではと思います。
「相反することを同時に言っていて結局どうすれば良いか分からなかった」とスピーカーに対して不満を言っている人もいましたが、リーダーシップとはそういうものだと私は思います。

教授

ストリームによりますが、私はDaniel EffronというAssociate Professorでした。


入学当初にやったEthicsの授業の一コマを担当してくれた教授なのですが、話し方や授業の進め方がとても上手で自然と引き込まれるので、私以外の学生も真剣に聞いている人が多かったし、月曜の朝一という時間帯にしては出席率も高かったのではないかと思います。

個人的に人事まわりで個別の質問をしに行った時はあまりはっきりした答えが返って来ず、ちょっと不満に思いましたが、質問した内容がそもそもはっきり答えが出るようなものでないのと、彼の専門分野でもないので、仕方ないのでしょう。

評価

リーディングが少ないだけでなく課題もかなり少なめで本当に負荷の低いクラスだったと思います。

グループ課題

あるケースを読んで、これまでの授業で習った理論を当てはめていく問題。
個人的に、ケースの内容と質問されている内容が全然合ってなくて、正直あまり解くのが面白くなかったです。
ケース自体は私の興味のあるChange Managementの内容で読むのはとてもおもしろかったですが。。

ちなみにこの課題がStudy Groupで取り組む最後の課題でした。

試験

内容は選択式の問題と、ショートエッセイ3つ(-250語)、ロングエッセイ(-400語)とのこと。

本来は試験会場での試験でしたが、コロナウィルスの関係で家での受験となりました。

LBSはOpen Bookと言ってカンペ持ち込み可(記憶力ではなく問題を解く力が問われる)の試験が多いのですが、コロナさえなければこの試験はClose Bookなので、それなりに内容やキーワードを覚えていく必要があったみたいです。
(もちろん家で試験を受けることになった今はOpen bookに変更にしています)


以上。
1年目はこの科目以外にとれるOBの科目がないのが本当に残念なのですが、せっかくコロナで時間もできたし、自分で本を読んだりOnline courseを取ったりして学びを深めたいと思います。