以前LBSでEntrepreneurshipやSocial Impactを学ぶ機会についての記事を書きましたが(各記事へのリンクはこちら)、私がLBSで一番学びたかった人事・組織論関連についても、学ぶ機会について紹介したいと思います。

授業

MBAでは心理学関係の授業のことをOrganisational Behaviour(略してOB)と言いますが、LBSは良いOBの授業が沢山あり、人事などに興味がない学生にも人気です。
ただ、OBにはNegotiation and Bargainingなど個人としていかにキャリアを成功に導くかという視点の授業も多く、人事・組織マネジメント視点の授業は実はそんなにありません。

OBの中で人事っぽいのはEmployee Engagement and Positive PsychologyManaging Change、The Future of Workの3つくらいだと思います。

一方でOB以外にも人事っぽい授業がいくつかあり、特にStrategy分野のStrategic InnovationGlobal Strategy、Managing Corporate Turnaroundあたりは組織デザインや動機づけなどの視点が入っています。

また私が受講していないものでは、People Analytics(人と組織のパフォーマンスを向上させるためのデータ分析)が今年から開講しているのと、Incentives in Organisationsという授業もあります。

MBAはあくまで経営学のコースなので、給与や評価制度、採用など人事のFunctionalな内容について学ぶ授業はありません。

その他の私のとった授業は授業レポート一覧を作成しているので、こちらをご覧ください。

教授紹介

LBSは有名なOBの教授が沢山います。
しかし、上述の授業と同じようにOBの教授=組織マネジメントの研究をしている訳ではないので要注意です。
まずはOBの教授で特に有名な教授を3名紹介します。

Lynda Gratton

LBSを受験する日本人で知らない人はいない、Life Shiftなどの著書で有名なFuture of Workの権威。
有名な教授だが、何か話したいことや助けてほしいことがあれば連絡するとすぐ返信をくれる。私達も下記で紹介するClubのイベントをしてくれた。
日本では特に知名度が高いため、Essayに志望理由として書く日本人も多い。個人的な意見では、むやみやたらに彼女の名前を書くと「お前もか」と思われかねないので、差別化に注意した方がいいと思う。

Rob Goffee

リーダーシップ論の権威。残念ながらMBAの授業は教えていないが、Essayに書くのは問題ないと思う。私も彼の名前を書いたが、合格しているので…
有名な著書は下記、日本でも結構売れていたと思う。





Herminia Ibarra

こちらもリーダーシップ論で有名な教授で、特にAuthentic Leadershipという理論で有名。
彼女もMBAは教えていない。有名な著書はこちら。
Act Like a Leader, Think Like a Leader
Ibarra, Herminia
Harvard Business Review Press
2015-02-10


その他に、Strategyの教授にも組織論関連の研究をしている人がいるので紹介したい。

Gary Hamel

もともとはStrategic Innovationの授業で学ぶような大企業でのイノベーション論で有名な教授だが、その研究を突き詰めた結果、官僚的なマネジメントをやめるという組織論の方向性に行き着いたらしい。
Lynda Grattonに勝るくらいすごい人なので、授業は教えていないし個人的にコンタクトを取るのも難しいと思うが、イベントなどに参加できるチャンスはある。
最近出した著書が個人的に超おすすめなので、受験に関わらず色んな人に読んで欲しい。

Julian Birkinshaw

研究分野が広いが、Gary Hamelと同様にInnovationを起こすための組織論についても研究範囲にしている。
多分次期Deanくらいのポジションにある偉い人だが、この人もメールすると即レスしてくれる教授で、下記のClubのイベントでFacilitatorをやってくれた。
彼はDigital Organisationという授業を教えているが、この授業は組織論にはあまり関係ない。
著書は色々あるのだが、組織論での有名な著書はなさそうなので割愛。

その他、教授一覧は下記より見られます。
https://www.london.edu/faculty-and-research/faculty-profiles

クラブ関連:People Strategy Club

自画自賛ですみませんが、この分野はLBSではこれまで活動していたクラブがなく、授業以外で学ぶ機会がほとんどありませんでした。(私の把握している限りヨーロッパのビジネススクールトップ校で同様のクラブがある学校はありませんので、LBSだけの問題ではないと思います。)
こちらの記事で書いた通り、私と日本人の同級生で入学時にグループを立ち上げて、先日正式に生徒会にもClubとして認められましたので、ここでは立ち上げ以来の活動内容を紹介します。

まだまだ新しいクラブで今後活動内容が変わっていく可能性は大いにありますので、直近のイベント等はこちらのウェブサイトからご確認ください:
https://clubs.london.edu/PSC/

毎年開催されるかも知れないイベント

まずは、これを読んでいる方が入学するときも開催されている可能性のあるイベントから紹介します。
あくまで新しいクラブで、今後どうなっていくかたは分からないのでご了承ください…

Exploring Careers in People Professions

キャリアセンターと共同で9月頃に開催したイベント。
こちらの記事で書いたとおり、1年生の最初の頃にExploring Careers in XXというタイトルで各インダストリーでの就職活動の概要についてセミナーがあるのだが、人事関連のキャリアに関しては今までなかったので、新しく開催した。

人事関連といっても事業会社の中でもチームによってやることが違うし、サービスファームでもコンサルやヘッドハンティングなど色々なキャリアがあるので、業界の概要とそれぞれの就活方法が分かるイベントになっていると思う。

Alumni Panel: People Strategy Leaders from VC, Startup and Corporate

人事関連の仕事をしている卒業生を集めたパネルイベント。
このキャリアに進むAlumniは決して多くはないが、それでもいるにはいるのでそういう人を集めて開催した。

皆とは違うキャリアを選んだからこそ見えることなどの話も聞けて、現役生には心強い。
またこのイベントでは全スピーカーが参加者全員に連絡先を共有してくれたので、興味のある人とはその後個人的につながって詳しく話を聞くこともでた。
Oct2020 Alumni panel

単発イベント

次に今年度開催した単発のイベントを紹介。すべて教授とコラボレーションしたイベントになっている。

Inclusion & Diversity Panel - LBS, Bain, TrustSphere

多様性に関する研究をしているFacultyのAneetaと、スピーカーを招いて行ったパネルイベント。
LBSにはWomen in Business、Out in BusinessやBlack in Businessなどマイノリティグループのクラブが沢山あるので、他にも多様性関連のイベントは多いのだが、マイノリティの当事者としてではなく人事など組織を受け持つ側の視点でイベントが開けたのがユニークだと思っている。
DiversityはPeople Strategy関係の中ではLBS生の興味関心が高い分野なので、今後も類似のイベントをする可能性は高いと思う。
D&I panel speakers

Overcoming Bureaucracy - new forms of management

私が個人的に興味のある、官僚的でない新しい組織のあり方に関するイベント。
上述のJulian教授と一緒に開催した。
私の前職の会社が似たようなことをやっていたというのもあるが、個人的にすごく興味深い分野だと思っているので、それを他の学生に紹介できたことはよかったと思う。
Selfmanagement

Explore the Japanese Work Enviornment and How to create Positive Changes

こちらは教授のLynda Grattonと、日本人の学生3名を集めて日本の働き方に関して議論したパネルイベント。Japan Clubとの共催。
Lyndaは日本政府のパネルに入っていることに加え、日本企業へのアドバイザリーも沢山しているので、日本企業に関する理解も深い。ClubのCo-Presidentsが二人とも日本人だった今年だからこそ実現したイベントでもある。
授業では日本のことだけ話す訳にはいかないので、1時間だけでも日本についての話を聞く時間が持てて色々な話や議論ができた。

People Strategy Clubではイベント以外にも、Career Centreと協力してHR関連の求人情報を共有したり、Human Capital Recruiting用の学生向けの情報ページを作るなど、人事関連のキャリアに興味のある人向けのサポートを行っている。


以上、参考になれば嬉しいです。
Clubに関しては、立ち上げてPresidentをして学んだことなどを別の記事にしたいと思っていているので、楽しみにしていてください!