一年目の1学期はPart1とPart2に分かれているという話は別の記事で書きましたが、今週からそのPart2が始まりました。

普通は学期の間に1週間以上のお休みがあるのですが、今回だけはPart1が終わってすぐPart2が始まるため、Part1の試験勉強や提出課題と、Part2の事前課題の両方をこなさなければならず、なかなかIntensiveな1週間でした。
(うちのストリームはGLAMがPart1の最終週だったためその課題もあり、余計に詰まってた感がありました)

授業一覧

Part2の授業は下記四つです
・Accounting (前半財務会計・後半管理会計)
・Finance
・Economics (前半ミクロ経済、後半マクロ経済)
・Strategy

評価は財務会計・ファイナンス・ミクロ経済は試験、管理会計・マクロ経済・ストラテジーはレポートなので、試験ばかりにならないように上手くバランスされているなと思います。
科目の性格上試験が適するものとレポートが適するものがあるというのもあると思いますが…

スケジュール

Part1と異なり、Part2は毎週同じ時間帯に同じ授業があります。
私のストリームは下記のようなスケジュールで、月曜と金曜は講義がありません。

授業の少なさは1年目から流石LBS!という感じですが、1学期目から暇かというとそんなことはなさそうで、どの授業も毎週リーディングやミニテストなどが課されるので、予習・復習にそれなりに時間を取られそうです。

夕方に入っているTutorialというのは補習のようなもので、行ってもいかなくてもいいです。
またFinanceは週に数個Tutorialが入ってますが、全て同じ内容だそうなので行くとしても週一回どれか行けばいいようです。
私はFinanceは未経験なので毎週Tutorialに行くと思いますが、Accountingはだいたい分かるので多分行かないと思います。

また下記のの例では火曜の11時半に入っているように、Career Eventなども引き続き数多く開催されるようなので、講義が無い日もなんだかんだ学校に通うことになりそうです。
FullSizeRender

授業内容に既に詳しい人はどうなる?

Part2の科目は分かる・分からないがはっきりしている科目が多いので、大学で経済学専攻だったとか、投資銀行で働いてた(=ファイナンスに強い)などのバックグランドがあると、授業を取る前から内容をほぼ完璧に分かっているという状態になります。
Part1にあったData Analyticsは事前に試験を受けると授業免除になる制度があったのですが、なぜかファイナンスや会計は免除制度がないので、そういう人達も一緒に授業を受けることになります。

教授陣もそのことはよく理解していて、「既に詳しい人たちは他の人に教えるのが役割です」と繰り返し言っています。
ストリームの人たちを見ていても、「自分は分かっているからどうでもいい」という態度の人よりも、「分かってるからこそ貢献するチャンス、みんな何でも聞いて!」という感じの人が多く、LBSのCollaborativeマインドが良く出てるなと思います。

私のStudy Groupも会計監査員だった人と投資銀行出身の人がいるので、FinanceとAccountingに関してはとても心強いです。
(他のStudy Groupと比較しても、うちのグループは上手く揃っていてラッキーだと思います)


以上、Term1 Part2の全容でした。
当初は履修した授業全て細かくレポートしようと思っていたのですが、授業以外に書くことが沢山ありそうなので、今後は特質すべきことが無い限りはこうやって学期ごとに紹介する形にしようと思っています。(また変わる可能性はありますが…)