Lodon Business School 留学記 2019-21

LBSことLondon Business Schoolに私費留学し、海外就職を目指すの女性によるブログです。同じ様にMBA・海外就職を目指す人の参考となるよう、授業・就職活動・生活環境など幅広い面から自分の経験や思ったことを発信していきたいです。

Lodon Business School 留学記 2019-21 イメージ画像

更新情報

先日2年目のBiddingがあり、無事来年取る授業が決まりました。ここでは2年目の概要と、私の2年目の予定を紹介しながら、LBSでの夏休み以外のインターンの機会について説明したいと思います。1年目のカリキュラムや、Biddingシステムに関してはこちらの記事をご覧ください。

MBAの1年目は学校閉鎖によりオンラインで授業を受けている状態のまま終わりました。私も相変わらず日本の実家で過ごしており、夏休みも実家からリモートでインターンをする予定です。ロックダウンが始まったばかりのころに、学校やロンドンの様子を紹介した記事を書きました

Tailored Coreの一つでであり、アントレ(起業)関連の授業の入門科目でもあるDeveloping Entrepreneurial Opportunities(略してDEO)のレポートをしたいと思います。実はこの授業は私が入学前にCampus Visitをした時に参加した授業なので、個人的に学生として参加できたの

当たり前といえば当たり前ですが、MBAに入ればビジネスに必要なスキルは全て身につけられるかと言うとそうではありません。特に近年はTechnology関連などで新しいスキルが求められるようになっているのに対し、学校側がカリキュラムを迅速にアップデートできているかというと

恐らくどの学校のMBAも一緒だと思いますが、LBSでは多くの授業でグループ課題が出され、コア科目の場合は学校側でアサインした7人のStugy Groupで取り組みます。(ちなみにCore科目以外でもグループ課題が出ることがありますが、その際は自分たちで声をかけあってグループを

他の記事でもちょくちょく書いている通り、私はOrganisational Behaviourについて学ぶことと、組織・人事の関連分野にキャリアチェンジすることを大きな目標としてLBSに来ているのですが、実は入学してすぐの8月からこの分野での学生グループを立ち上げてていました。つねに

先月で2学期が終わりました。2学期はインターン就活の山場となる時期です。私自身も、シンガポールのとある会社からHRのインターンの内定をもらうことができました。(コロナでどうなるか分かりませんが…)。この会社はEMBAのAlumniが働いている関係でCareer Centreとつなが

2020年、1月から中国で流行り始めた新型コロナウィルス(COVID-19)は、3月からイタリアを中心にヨーロッパでも拡大し、イギリスでも3月末から感染者が増加しロックダウンに至るまでになりました。これを書いている4月初旬現在、日本でも緊急事態宣言が出されたところです。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ