Lodon Business School 留学記 2019-21

LBSことLondon Business Schoolに私費留学し、海外就職を目指すの女性によるブログです。同じ様にMBA・海外就職を目指す人の参考となるよう、授業・就職活動・生活環境など幅広い面から自分の経験や思ったことを発信していきたいです。

Lodon Business School 留学記 2019-21 イメージ画像

更新情報

5
今週からいよいよプログラムが始まりました!とにかく色々なイベントがありましたが、Study Groupのメンバーとも仲良くなれたし、Streamでも知り合いが増えて、良いスタートが切れたと思います。ここでは主なイベントと感想を紹介したいと思います。Orientation Day(入学式
『Orientation Weekハイライト』の画像

Orientation Weekの1週間前になると、学校主催のものや自主的なものを合わせて様々なイベントが開催されるようになり、既にOrientationが始まっているかの様でした。私は家も決まっていたしPreModuleも終わっていたので、できる限り積極的にイベントに参加した。ここではこの

4
LBSでは卒業生の起業支援(Incubation)プログラムがあるのですが、そのプログラムに応募している企業を、入学前のLBS生がお手伝いするSummer Start-up Experienceというプログラムがあります。参加は自由ですし、無給で単位にも何にもなりませんが、7月からひっそりと参加し

数日前に渡英しましたが、ラッキーなことに数日で住む家を見つけられました。West HampsteadというLBSからバスで15分くらいのところで、40歳前後の女性のオーナーさんと2人暮らし、家賃は£660/月(光熱費込み)です。恐らくLBS生の中でも最低ラインに届くくらいの家賃の安さ

6月中旬ごろに、LBSアカウントにメールが届き、Pre Online Moduleを受講してくださいという連絡が来た。会計などの科目に事前のOnline Moduleがあることは知っていたが、授業内容以外にも準備することが多くて結構びっくりしている。私は6月末には仕事をやめていたので問題な

授業料や留学先で必要な資金を日本から送金するために、多くのMBA生は海外送金に有利な銀行口座を新たに取得するようです。一般の銀行は海外送金が窓口でないとできなかったり、手数料がとても高かったりと不利なので…日本人チャットで議論した結果、マネーパートナーズで両

先週でずっと勤めていた会社の最終出社を終えました。日本人は社費や、私費でも休職する人が多いのですが、私の会社は長期の休職制度がないのと、会社に戻る気も全くなかったので、退職という形になりました。2月にIESEから合格通知をもらってすぐ上司・人事部に退職の意思を

先日、無事にイギリスのビザが取得できました!取得自体の心配はしてなかったものの、15営業日以内と言われた審査に17日かかり、パスポートがないため行く予定だったシンガポールへの出発を遅らせるという顛末に…ここではそんな私のビザ申請体験を記しておきますが、ビザの


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ