Lodon Business School 留学記 2019-21

LBSことLondon Business Schoolに私費留学し、海外就職を目指すの女性によるブログです。同じ様にMBA・海外就職を目指す人の参考となるよう、授業・就職活動・生活環境など幅広い面から自分の経験や思ったことを発信していきたいです。

Lodon Business School 留学記 2019-21 イメージ画像

更新情報

一学期も終わりに近づいてきましたが、9月から動いていたImpact Consulting ClubのProjectがやっとクローズできました。他の記事にも書いている通り私はこのクラブのExCoでもあるのですが、今回は参加者の視点からこのプロジェクトについてレポートしたいと思います。Impact

8−9月編に続いて就職活動の様子をお届けします。概要の説明会的な要素が強かった8−9月のイベントと比べ、インタビュー準備やケース面接対策など具体的な内容が増えてきました。私自身も数社既に出願していますし、年明けにはいよいよ面接が始まります。8−9月のように全て

早いものでイギリス生活も4ヶ月経ち、何となく生活にいくらかかりそうか見えてきました。高い高いと言われるロンドンの生活費ですが、実際いくらするのか、私は留学前気になって仕方ありませんでした。ここでは私個人の事例ではありますが、私が私が毎月どれくらい使っている

この記事ではLBSの語学学習制度について紹介したいと思います。結論から言うと、私は履修したい講座が開講されなかったため少なくとも1年目では語学の履修はしないことになりました。したがって授業の様子などはレポートできませんので、制度の内容だけさらっと説明します。

先日2学期・3学期で受講する科目のBigging(詳細は下記)があり、私は無事に2-3学期のスケジュールが決まりました。1年目の科目内容の全容としては、下記のチャートが分かりやすいと思います。ちなみにTailored Core、Electiveともに日本人の先輩方が授業の感想や課題の重さ
『1年目のカリキュラムーTailored Core、ElectiveとBidding System』の画像

9月上旬から2年生の夏休みが終わりキャンパスに戻ってきたということもあり、各クラブのイベントが本格化しました。特に9月はKick OffイベントとExCoの応募・選考ありましたので、その様子を紹介しようと思います。LBSクラブ事情他の学校に行っていないので比較はできません

業界によっては年明けからすぐインターンのRecruitingが始まるということもあり、1学期はCareerに関するイベントが目白押しです。イベントは参加必須のものと、自分で申し込むものとがあるのですが、後者の方はどのイベントも人気ですぐ定員が埋まってしまうので、イベント予

入学して1ヶ月経ってクラスメイトのバックグランドがだいたい把握できてきたので、ここでは出身国と出身業界という切り口からLBS生がどんな人達なのか見てみたいと思います。受験生向けの資料などでもある程度載っている内容ではありますが、よりリアルな情報を載せてますの


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ